<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

本年も宜しくお願いします。

2015.01.01 Thu
11月から年末にかけてバタバタと忙しく過ごしているうちに、
新年を迎えてしまいました・・・
メールの返信などが遅れてしまってスミマセンでした。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


12月には、夢のような出来事がありました。
今でもあれは自分だったのか? と、思うような経験です。
プライベートなステージだったので、アップするのを迷っていたのですが、
HPで公式にアップされていたので、こちらにも詳細を記載します。
下記のステージでピアノを弾く機会が持てたのです。
2014年12月15日 帝国ホテル
【日野皓正クインテット】
日野皓正(tp)、加藤一平(gt)、石井彰(pf)、須川崇志(b)、田中徳崇(ds)
with 阿川泰子さん
日野さんのバンドをバックに阿川さんが歌う予定だった『As time goes by』
それを、
VocalとのPianoとのduoで! ---
日野さんの計らいで、 急遽決まった事でした。
3回行ったリハでのピアノは酷いもので、絶望的状況...
近くに会員になっているスタジオがあることを思い出し、
待ち時間に、スタジオへ。

本番前にはメンバーの方とも日野さんともいろいろと話が出来た事は、
本当にラッキーでした!
日野さんは、メンバーにも初対面の私にもジョークを交え、
その場が和むかのように、話題を提供してくれた。
ソロについてA.ブレーキーから言われたことや、
TPを吹き続ける自分の使命など、音楽観~人生観について、
どの話もとても興味深く、自分に重ね合わせて聞き続けました。

日野さんも阿川さんも本番になると人が変わったように
音楽の中に、ステージに中に入り込んでいく。
楽屋でのOffとはまったく違うOnの姿にただただ見惚れるばかり。
クインテットの演奏は、4beat~16beatまで、
最後は故郷を演奏して、90分近くあったステージの幕が静かに閉じられた。

温かく迎え入れてくれた阿川さんと日野さんの心の大きさに救われ、
自分を信じて1歩前にでる勇気も貰えました。
心に残る貴重な体験、
これを機に今年も1年昨年以上にがんばりたいと思っています。

20141215.jpg


ステージでの画像は
日野さんのバンドに限りマネージャーさんの許可を頂いて
撮りました。
IMG_20141215_211305.jpg
関連記事

  • ジャンル : 音楽
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












【また来てください】
nonukes!
【りぷる・まーく・スタジオ】


小田急線「善行」より徒歩10分
ピアノ教室のご案内

【カレンダー】
【QRコード】
QRコード
【お問合せ】
レッスンの曜日、内容など
お気軽にお問合せください

名前:
メール:
件名:
本文:

【最近の記事】
【カテゴリー】
【最新コメント】
【ブログ検索】
【殺される命があります】
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによって窒息死させられます
この現実に目を向けてください
【月別アーカイブ】