<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

来日2回目のステージ

2012.11.15 Thu
曲の事で日本にいる間にもう一度会えないか とLarsからメールがあり、
最終公演11/10のステージを再度聴きに行く事になりました。

小さなLiveハウスですが、Jazzを聴き慣れている観客が多いせいか、
Larsの演奏もより熱く、オーディエンスの熱気と共に、
会場内ムンムン!!
Larsの演奏は、観客の心をしっかり掴み
私たちも一緒に演奏をしているかのごとく、
音の渦の中に巻き込まれていくような感じでした。
静かな曲も好きだけど、速い4beatのスピード感はとにかくカッコ良い!!

2ステージの演奏が終わり、ファンの人と写真を撮ったり、
CDにサインをしたり・・・
一頻り終わって、
今回の作曲についてや、その他以前から聞きたかったアレンジについて、
いくつか質問するチャンスが持てた。

選んでくれた曲は、自身の曲の中でも、
BIGBANDのHornのイメージが表現しやすいと言う事も選んだ理由の1つのようだった。
その他、アレンジについて---リードトランペットの使い方など、
Larsがどんな言葉で返答してくれるのか、知りたかったのです。
時に謙遜し、ユーモアを交え、シャレていて、そして紳士的...
この人にこの音楽アリ! 益々、ファンになりました。

CDの写真のLarsは、とても神経質そうに見えるのですが、
常に笑顔を絶やさず、陽気な明るい方でした。

さすがに最終公演日とあり、Larsもお疲れの感じですが、
実は、おつまみのピーナッツを頬張っていたので、
こんな感じの2ショットになりました。
20121109_1_1.jpg
それにしてもなぜ私は
腕を組んでいるんだろう


来日をずっと待ち望んでいた私にとって、実りのある充実した時間でした。

12月からは、先にLarsから送ってもらった新曲2曲に取り掛かります。
関連記事

  • ジャンル : 音楽
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












【また来てください】
nonukes!
【りぷる・まーく・スタジオ】


小田急線「善行」より徒歩10分
ピアノ教室のご案内

【カレンダー】
【QRコード】
QRコード
【お問合せ】
レッスンの曜日、内容など
お気軽にお問合せください

名前:
メール:
件名:
本文:

【最近の記事】
【カテゴリー】
【最新コメント】
【ブログ検索】
【殺される命があります】
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによって窒息死させられます
この現実に目を向けてください
【月別アーカイブ】