<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

歌える曲は、好きな歌?

2010.09.29 Wed
高齢者の音楽療法のセッションを行っていて、
歌唱のために、半分ほどの時間を費やす事が多い。
その歌う曲について、取り上げてみます。
(以前の記事と重複する部分もありますがご了承ください)

選んだ曲を、
良く歌う、大きな声で歌う---これは1つの良い結果と考える場合が多い。
大きな声で歌う事によって、普段より呼吸を沢山行い、
肺の動きを活発にさせる。
また大きな声を出して腹筋や胸の筋肉を使ったり、
口を大きく動かす事で、顎の動きや顔の表情筋も活発にさせる。
病院に居ると、大きな声で話す必要も少ないし、
家庭で家族と話すように頻繁に会話もしない。
かと言って、一人で大きな声をだせば、
他の方の迷惑にもなってしまう。
伴奏がついた歌唱の時間は、発散させるほどに大きな声を出しても、
それが良い事に繋がるのです。

良く歌う曲は、皆さんが好きな曲なのか?
目的を上記のように定めれば、問題ないはないのですが、
好きな曲を大きな声で歌っていたと評価して良いのか・・・

たとえば、1つの例として---
70代、80代の方は、軍歌を歌詞無しで歌える場合が多いはずです。
それは、自ら好きで歌っていた曲だからでしょうか。
今のように、
自分の好きな曲をネットで自由に買える時代ではありません。
国で流行らせた曲もあり、国で禁止した曲も多かったでしょう。

自分の意思とは反して歌える曲も現在よりずっと多いと考えられます。
実際私も「お正月」「ひなまつり」
「どんぐりころころ」「海(海は広いな大きな~♪)」等は、
歌詞を見なくても歌えます。
でも、さぁ歌いましょうー!と言われて嬉しい曲ではありません。
今挙げた曲を否定するのではありません。
歌える曲すなわち好きな曲と思わないでほしい・・・のです。

高齢者のセッションでの選曲も同じだと思っています。
身体の筋力活性のための歌唱であれば、歌詞無しで歌える曲は有効でしょう。
でも、もしその方の好きな曲を提供する意味合いがあれば、
歌唱できない場合があっても十分に効果はあると考えています。

私の母は80代ですが、ホセ・カレーラスのファンクラブに入っています。
毎日のように、彼の歌う曲を聴いています。
どこかの集まりで童謡、唱歌、演歌しか歌わなかったら、
きっとその集まりには行かなくなってしまうでしょう。
もちろん、童謡や唱歌が大好きな方も沢山いらっしゃいます。
グループセッションの場合には、
個々の趣向になかなか合わせられないかもしれませんが、
選曲は偏らず、偏見を持たず、
参加される方の時代背景を研究しながら、
「好きな曲なの・・・!」とつぶやける曲を提供したいと思っています。

好きな曲が聴けるって幸せな事ですものね。
もちろん、好きな曲が歌える! が一番です。

最後に---
これは実際のセッション時に患者さんから言われた言葉です。
「みかんの花咲く丘」を2度ほど繰り返し歌唱した時、
「そんな曲はね--!昔っから歌ってんのよ---!!」
少女の頃に良く歌っていた、歌わされたのでしょうか、
次の曲に移ってほしいと言う催促だったのです。
もちろん、ほとんどの方が歌詞なくして歌っていました。
関連記事

COMMENT



ADD COMMENT












【また来てください】
nonukes!
【りぷる・まーく・スタジオ】


小田急線「善行」より徒歩10分
ピアノ教室のご案内

【カレンダー】
【QRコード】
QRコード
【お問合せ】
レッスンの曜日、内容など
お気軽にお問合せください

名前:
メール:
件名:
本文:

【最近の記事】
【カテゴリー】
【最新コメント】
【ブログ検索】
【殺される命があります】
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによって窒息死させられます
この現実に目を向けてください
【月別アーカイブ】