<< 2019Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

なぜ聴くのか・・・?なぜ聴きたいのか?

2010.09.17 Fri
Randyのスケジュールを見ると
9/25 Guest with Westchester Jazz Orchestra
"Music of Michael Brecker"New York, NY,
The Irvington Town Hall Theater
と書かれていた。

「Westchester Jazz Orchestra」公式サイトはコチラ
http://westjazzorch.org/index.htm

アルバムはまだ1枚のようです。
westchesterjazz.jpg

「All In」 
http://www.cdbaby.com/cd/westchesterjazz

凝りにこったアレンジで、
Big Bandの可能性を広げていく様な感じ。
もし感覚的に聴きたい人は、少し疲れてしまうかもしれない。

CDのリリースは2007年9月29日。それまではまったく知らなかった。

20年間BIGBANDに関わってきて、結構勉強もして来た。
それでもまだまだ知らないBandも多く、
新しいサウンドに出会うと、とても得をした気持ちになる。

強制的に聴けと言われている訳でも、
勉強しろ!と言われている訳でもない。
時間が許す限り、もっともっといろいろ知りたいし、
そこから自分に無いものをちょっとでも吸収したい。

それより---
なにしろ好きで聴かなければ、上達なんてありえない。

難しくて弾けない曲は、
できる限り音源を集めて、とにかく聴く。
そこからヒントを貰い、いつか自分の音になるように弾き続ける。

前にも書いたけど、Randyの「You're in my Heart」は、
4つの演奏を探す事が出来た。

テンポや付点4分音符の取り方など、少しずつ異なっている。
それとは反して、どの演奏も同じように弾いている箇所がある。
1つの演奏だけでは、その違いは分からない。

上達のために聴いているけど、でもとても楽しい。

自ら聴きたいと思う気持ち、もっと知りたいと思う気持ち、
そんな思いが無ければ、難しいBIGBANDの譜面は演奏できない。

難しいけど、
好きで聴いていたサウンドを自分たちの手で形になった時は、
とっても幸せな気分になる。

そこに楽しさを感じられるからこそ、
時間を注ぎ込んでBandを続けられるんだと思う。

次に聴きたいBandは、Blog仲間から情報を得た、
The Norrbotten Big Band /
The Avatar Sessions: The Music of Tim Hagans

BIGBANDの旅はまだまだ続き、たぶん---
終わりのない旅になりそうです。
関連記事

COMMENT



ADD COMMENT












【また来てください】
nonukes!
【りぷる・まーく・スタジオ】


小田急線「善行」より徒歩10分
ピアノ教室のご案内

【カレンダー】
【QRコード】
QRコード
【お問合せ】
レッスンの曜日、内容など
お気軽にお問合せください

名前:
メール:
件名:
本文:

【最近の記事】
【カテゴリー】
【最新コメント】
【ブログ検索】
【殺される命があります】
殺処分にされる犬や猫は
なんと年間29万頭('08年度)
罪もないその小さな命は
ガスによって窒息死させられます
この現実に目を向けてください
【月別アーカイブ】